ネットカジノのポーカーのルール

ポーカーはネットカジノだけでなく一般的なカードゲームとしてもよく楽しまれていますが、ネットカジノでは一般的なゲームとはかなり異なるルールが採用されているのが普通ですから、戸惑うことのないよう、予めルールを把握しておくのが好ましいでしょう。「ワンダリーノカジノでの勝ち方」見ていない方はこちらもチェック もちろんポーカー特有の役作りや心理的な駆け引きという要素は残っていますし、見方によってはさらにその面白さというか、他のプレイヤーとの駆け引きがより大きく深まっているとも言えます。

一般的なポーカーでは、各プレイヤーに配られるカードは5枚で、そのうち不要なカードを山札のカードと交換して最終的な役作りが決まるという流れになっていますが、ネットカジノではそうではありません。各プレイヤーに配られるカードは5枚ではなく2枚だけです。しかもこの2枚は山札のカードと交換することもありません。2枚だけでは役など作れるはずもありませんが、実は各プレイヤーに配られるカードとは別に、場にカードが表向きに配られるのです。場に配られるカードは最終的には5枚で、この5枚のカードは全員のプレイヤーが共通して役作りに利用できるカードとなります。

結果的に複数のプレイヤーが同じ場札を役作りに利用したとしても何の問題もありません。先に使われた場札は後のプレイヤーは役作りには使えないということはないのです。各プレイヤーは、手札の2枚と場札の5枚の中から自分の自由に5枚のカードを選び、できるだけ高い役を作ることを目指すことになります。手札の2枚を必ず役作りに使うことが必須であるわけではなく、手札1枚と場札4枚で役を作っても構いませんし、極端なことを言えば場札5枚で役を作っても構いませんが、当然ながら場札は全員共通に使えるのですから5枚全部を場札で構成してもせいぜい他のプレイヤーとは引き分けに終わるだけで、役作りで他のプレイヤーを上回ることは期待できません。

ポーカーで重要なベットですが、これは最初手札2枚が配られた時点、そして場札3枚が表向きに配られた時点、4枚目が配られた時点、最後に5枚目の場札が配られた時点の計4回行われることになります。一般的なポーカーと比べるとベットの回数が多いことに気付くでしょう。また場札が良いカードである場合は他の人も高い役ができている可能性が高いですし、悪いカードの場合はその逆です。単なる心理戦のみに留まることなく、場札からできそうな役をある程度予測しながらベットを進められることもネットカジノのポーカーの特徴となっています。