ネットカジノのテキサスホールデムについて

ネットカジノで遊んでいると、テキサスホールデムという耳慣れないゲームを見つけることがあるでしょう。ネットカジノ以外では聞いたこともないゲームだ、あまり良く分からないから遠慮しておこうと考える人が多いかもしれませんが、それは極めて勿体ないことです。実はネットカジノのテキサスホールデムとは、ほとんどの日本人にとって何だかよく分からないゲームではないはずなのです。何のことはない、トランプのポーカーです。若干ゲームの様子は一般的なポーカーとは異なっていますが、5枚のカードで役を作るとか、時にははったりをかけることも大事だというポーカーの基本に何ら変わりはありません。ちなみに、確かにカジノで多く遊ばれているルールではありますが、普通に家族や友人とポーカーゲームをする場合にこのルールを採用しても別に問題はありません。いつもとは少し趣向の違ったポーカーを楽しめることは請け合いです。

普通のポーカーでは最初に手札5枚が配られますが、テキサスホールデムでは手札は2枚だけです。しかもこの2枚は山札と交換することもしません。いったいこれでどうやってポーカーの役を作るのかといえば、実は手札とは別に場札として計5枚が表向きに配られます。各プレイヤーは手札2枚と場札5枚の中から好きな5枚を選んで役を作ることになります。重要なポイントは、場札5枚は全員が共通して使えるカードだということです。先に取ったもの勝ちではありません。誰かが役作りに使っていたとしても、他のプレイヤーも何ら制限を受けることなく同じカードを自分の役作りに使えるのです。
ネットカジノマニアのブログ「ベラジョンカジノで億万長者誕生!記録的ジャックポット賞金」の記事はもう見ましたか?

このルールから分かるように、場札に良いカードが多いということは、自分が高い役を作りやすいと同時に他のプレイヤーも高い役を作りやすいことになりますから、浮かれている場合ではないわけです。極端な話、場札5枚でロイヤルストレートフラッシュができていれば、はったりも何もあったものではありません。ドロップしていないプレイヤー全員がロイヤルストレートフラッシュを作っていることになります。一方で場札が大して良くなければ全プレイヤーの役もたかが知れていることになり、自分としてはさほど高い役でなくても十分に勝負できることになるでしょう。例えば同じスートは2枚以下、数字も一切バラバラで全くつながりようもないとなれば、誰もがストレート以上の役を作りようがなく、ツーペアでさえ難しい話です。こんな中でスリーカードができていたとすれば、これは強気になって当然でしょう。