カジノでの勝ちと税金について

カジノでの勝ちについては税金がかかることがあるというのを知っているでしょうか。税金など給料から沢山引かれているし消費税も払わされている、どうしてそれ以外に払わなくてはならないのかというように憤慨する人もいるかもしれませんが、これは法律で決まっているものであり、納税すべき金額を納税しないと脱税の罪に問われることもあります。場合によっては逮捕されることもありますし、悪質と判断されれば本来の金額よりも重い税額となることもありますから、あまり甘く物事を考えないほうがよいでしょう。
初心者に人気→ビットコインに対応のオンラインカジノを紹介(Bitcoin/日本語)の記事も確認

カジノで儲けたお金というのは一時所得という所得に分類されます。このような所得に関しては、それを得るために必要な経費を控除し、さらに特別控除と呼ばれる年間50万円までの金額を差し引くことができます。差し引いた結果がゼロ以下になった場合は税額もゼロとなり、納税の必要はありません。しかし結果がプラスとなった場合は確定申告を行う必要が生じ、所定の税率によって納税額が決定されることになります。ちなみに必要経費とはカジノで勝ったときの賭け金のみが認められ、負けた場合の賭け金は、一見すると必要経費のように思えるかもしれませんが実際には認められません。