カジノと所得税について

今のところカジノは日本にはありませんが、海外にはあります。賭けをするために海外に行ったとか、行きたいと思っている人もいるでしょう。ただ、税金のことを頭の片隅には入れておいて欲しいものです。カジノで勝った場合には所得税がかかることがあります。これは海外で儲けた場合であっても同じです。どのようにして計算されるのかというと、収入から必要経費を差し引き、さらに特別控除額を差し引いた金額が一時所得と見なされ、それに対して一定の税率を掛け算して納税額が決まることになります。実際の税率は他の所得の合計によって変わりますので一概には言えません。

さて、この計算で収入については明らかでしょう。要するにカジノで儲けたお金ということになります。特別控除額については一定で、50万円です。50万円までの勝ちであれば税金はかかりません。問題になるのが必要経費です。これは、その収入を得るために直接要した費用と解釈されます。要するに、勝った賭けに賭けていたお金だけが経費として認められるということです。負けた賭けにもお金は賭けていたはずですが、それは経費として認められません。また、海外に行くために要した飛行機代やホテル代も認められません。
初心者必見のいよいよタイカジノが合法化か?スロットで大当たり賞金獲得!の記事を見ていない方はこちら